国際ロータリー 第2790地区 第10グループ 富里ロータリークラブ

会長あいさつ

  • HOME »
  • 会長あいさつ

富里ロータリークラブ
2021-22年度会長 椎名康之

富里ロータリークラブ2021-22年度会長椎名康之

この度、2021~2022年度、富里ロータリークラブ第38代会長を仰せつかりました、椎名康之と申します。
私のロータリー暦は今年で4年目になるまだまだ未熟なロータリアンではございますが、歴史ある富里ロータリークラブの会長を仰せつかる事を誇りに思い、何事にも前向きに取り組んでいきたいと思っております。

さて、2021~2022年度RI会長シュカール・メータ氏が提言されましたロータリーテーマ serve to change lives~奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために~を発表されました。 これを受け梶原等ガバナーは、love other spirit~繋ごう次世代へ 夢ある未来に向けて~を掲げております。身近な地域から新しい変化を起こして次世代に健全な地球環境や安心安全な社会を繋いでいくとしたお考えでございます。富里ロータリークラブでは、従来より主体的な奉仕活動として、献血活動と花壇環境整備活動、そしてポリオ撲滅チャリティ活動があります。これらの奉仕活動については会員の皆様の安心安全を充分に配慮し、感染症対策を徹底して行って参りたいと考えています。また会員増強につきまして、RI会長メータ氏によりますと、現在までの会員120万人を130万人に会員増強するなど、具体的な目標掲げており、当クラブにおいても今年度3名の入会を目標にして、会員増強を会員と共に取り組んで参りたいと思っております。

そしてまた入会暦の浅い会員の皆様にはロータリー活動、ロータリー財団寄付、ロータリーポリオプラスなどの更なる理解を深める例会なども行っていこうと考えています。

また2790地区ロータリーポリオプラス委員会のプログラムにおいて10月24日に開催予定とされている世界ポリオデーではポリオ根絶祈願、コロナウィルス鎮静祈願を成田山新勝寺において行う予定となっております。

当クラブの松永会員は、地区ロータリーポリオプラス委員長でもございます。当クラブといたしましてもポリオ撲滅活動に全面的に協力して参りたいと考えています。またSNSなどを使った情報発信をして、より多くの方に関心を持って頂ける活動も考えております。

私は個人的に職業的に直接のコミュニケーションが不可欠だと思っていましたが、昨今の新型コロナウィルス、また変異株拡大などにより密にコミュニケーションを取る事が大変困難な状況になった事によって、オンラインでのコミュニケーションが新しい生活様式の一つとして日常に浸透して来て参りました。

まだまだオンラインについては課題が有りますが、コロナ禍においても繋がれる強いツールになると確信しており、今後もロータリー活動が継続できる可能性を感じています。

会員の皆様に手助けを頂きながら、精一杯取り組んで参りますので、一年間どうぞ宜しくお願いいたします。

 

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 富里ロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.